ホームヘルパーの活用法



排泄介護での活用

 

 

食事と共に身近な問題が排泄の補助です。この排泄介助を行うにあたっては、介助される側のことを考えるというセンシティブな面を重視しています。

 

 

当然のことながら排泄という行為は、本来は人に見せるものではありませんから、意識がはっきりしていれば白分一人で処理したいと思うものです。それが病気や老化などの理由で身体の自由が利かずに他人の助けが必要になってしまうのですから、老人であっても当然差恥心も生まれます。ホームヘルパーはそのあたりを理解して介助を行ってくれるので助かります。

 

 

排泄介助の方法は、実際に介助される人がオムツ・紙パンツなど何を使っているかによって異なってきますが、清潔面を常に心がけてくれるものです。抵抗力の減っている老人にとって、感染症は大敵で、清潔を維持することが何よりの予防策になるのです。

 

 

臀部や陰部はもちろんのことですが、家庭では便器や下着にも十分に清潔を心がけるようにすれば理想的です。排泄介助の際は、臀部や陰部の皮膚状態の観察も行われます。ここで少しでも表皮剥離などがあると褥そうになる可能性もあり、その場合は早期発見と治療がポイントとなるので、家庭でもチェックが必要です。これは予防介護でもカバーしてくれます。