ホームヘルパーの活用法



ホームヘルパー利用の流れ

 

 

さて、実際にホームヘルパーを利用しようと思う時の方法ですが、殆どの場合は介護保険事業所に所属しているので、その事業所を通じて申し込むことになります。

 

 

一般的には、問い合わせ後に担当者が訪問してきて、各人の状況に合わせてケアプランを作成し、それを確認してから契約ということになります。

 

 

次に担当するホームヘルパーが事前訪問し、以後サービス開始となります。この際、訪問介護の大きな種類として、身体介護、深夜巡回、生活援助、予防介護などがあり、これらを組み合わせることもあります。

 

 

中でも不可欠なのが身体介護で、これは直接身体に接触して行う介助に加えて日常生活に必要な機能向上を目指した専門的な援助となります。具体的には、入浴介助、衣服着脱介助、食事介助、治療食の用意、排泄介助、通院介助など、基本的な生活介助全般ということで、特に一人で食事ができない人が増えているとのことです。

 

 

病院や施設に収容されている人なら、その場で適切な介助を受けられますが、在宅の場合はそうはいきません。結果、食事が十分に摂れず、食事の楽しみも満たせないという問題を抱えるのです。まずはこうしたことからホームヘルパーを活用することから始まります。