ホームヘルパーの活用法



ホームヘルパーの仕事

 

 

最近は夫婦共働きや、核家族が当たり前となってきています。当然親との同居率も低く、高齢者夫婦、もしくは高齢者の一人暮らしというケースも多く見られます。

 

 

そうした中で、例えば高齢者が寝たきりだったり、認知症であったりすると、とても1人や2人の家族の手には負えなくなります。逆に介護している側が、過労や、精神的にまいってしまうケースにもなりかねません。家族で介護をするのは、建前上は理想的だといえるかもしれませんが、実際の負担は、計り知れないほど重くなっているのが現実でしょう。

 

 

こうした生活環境の背景から、やはりプロによる介護や介助といった社会的サービスが必要になってくるわけで、それを主に担っているのが、ホームヘルパーということになります。

 

 

ホームヘルパーの具体的な仕事としては、身体の介護に関することでは、食事、衣類着脱、排せつ、入浴、身体の清拭、洗髪、通院の介護などがあり、家事に関することでは、衣類の洗濯、調理、住居等の掃除、整理整とん、生活必需品の買い物、関係機関とのやりとり、その他の家事などがあります。

 

 

更には、相談、助言に関することとして、話し相手になったりすることも重要化しています。特に一人暮らしの老人は寂しいので、ホームヘルパーは大事な話し相手ともなっているようです。